通信制大学院を選ぶ時にはこんなところを重視しよう!


多くの科目をオンライン上で履修できるか調べておこう

通信制大学院の学習方法は大学側の方針や研究分野、カリキュラムなどによりますが、最近では文系の大学院をはじめとしてオンライン上で多くの科目を履修できるところが増えています。そうした中、仕事が忙しいために頻繁にキャンパスに通うことが難しい人や、終業後や休日のわずかな時間を使って学びたい人は、オンライン上の学習システムがしっかりと整っている大学院を見つけるのがおすすめです。社会人の割合が大きい通信制大学院においては、24時間いつでも授業を受けられるシステムを導入したり、学内のSNSを使って各科目の教員がアドバイスや質問の受付をしたりしているところもあります。そこで、無理なく学べそうな通信制大学院を選ぶうえで、早い時期から気になるところに資料請求をしたり、最新のウェブサイトを覗いたりすることが大切です。

色々な人と交流をしたいならスクーリングもおすすめ

通信制大学院に入学をした後にテキスト教材やオンライン上での学習だけでなく、色々な教員や学生と交流をしたい人は、スクーリング授業が活発に行われているところを選ぶのがポイントです。様々な職業の院生が在籍している通信制大学院においては、年に数回のスクーリング授業の機会を確保したり、授業後の懇親会などのイベントを企画したりしているところもあります。また、建築や情報工学といった理系分野の研究科を対象に、数科目のスクーリング授業の履修を学位取得の要件としている通信制大学院もあるため、入学選考を受ける前に志望校のシステムをよく理解しておきましょう。

通信制大学院は多くの通学制大学院と比べて学費を安く抑えられるというメリットがあります。通学に時間を取られないため、仕事や家事と両立しながら学びやすいことも魅力です。