5分でわかる塾選びの秘訣!難関大学受験編


塾選びの前に:高校受験とは違う!大学受験の特徴

憧れのあの大学に行きたい!そう思って日々勉学に励んでいることでしょう。でも、ただがむしゃらに頑張れば良いのでしょうか。狭き門を確実にくぐるには、まず大学受験の仕組みをきちんと押さえましょう。

高校受験のとき、ほとんどの方は5科目の試験を受けたことでしょう。けれども、国公立大の2次試験の場合、たいてい英数国または英数理の3科目。私大は英国社、英数理の3科目です。バランスよく全部の科目を勉強するより、実は得意教科を伸ばした方が良いのです。

また、高校受験では内申点つまり通信簿の評定が重要でした。大学受験の一般入試では、高校入試の「内申点」に当たる調査書の配点はほぼゼロ。定期テストも大切ですが、テスト範囲なしで本当の学力を測る模試はもっと大切です。

塾は自分だけではできないことをやる場所

塾を選ぶとき、難関大学を志すあなたが見るべき点は、プロが添削をしてくれるかどうかです。

極論を言うならば、マーク式の問題の解法を教室で教わる必要はありません。正答がただ一通りに定まるマーク式の問題は、自分のペースで解説を読めばそれで済みます。難関大志望者が、教室で自分よりも遅い人に合わせて習うのは時間とお金の無駄です。

塾には自分だけではできないことをしに行くべきです。合否を左右する記述式・論述式の答案がどれほどの出来なのか、受験生が自己判断をするのは困難です。学校の先生をも凌ぐエキスパートの先生があなたの答案をしっかり見てくれる、そんな塾を探してみてください。

駅や学校に近い立地で開校する学習塾が、増加の一途をたどっています。生徒らが通う学校からアクセスがよいことがメリットです。