社会労務士ってどんな仕事をするの?働き方や内容を紹介


社会労務士は社会保障制度のエキスパート

日本には社会保障という制度があります。これは全ての国民が満足して生活を送れるように整えられた制度となっています。しかし、社会保障制度はその内容や手続きが複雑となっていて、本来受けられるはずの保障が受けられないという事態も発生する可能性があります。そのようなことにならないように働くのが社会労務士です。社会労務士は社会保障制度のエキスパートなので、社会保険の加入手続きや労働保険料の計算、確定申告などのサポートを行います。労働者の権利をしっかりと守ることも社会労務士の役割となっています。

社会労務士の働き方とは

社会労務士の働き方で最も多いのは企業に所属して、そこの社員や従業員の方への社会保障をサポートすることです。企業には様々な方が働いていますが、そこで働いている全ての方の権利を守る義務が企業にはあります。とはいえ、社会保障に精通していない方が、全ての労働者の社会保障にまつわる業務を行うのは不可能に近いことといえます。そこで社会労務士が責任をもってその業務を担います。企業の規模が大きいと社員の数も増えるので、必然的に社会労務士の必要性が大きくなります。

社会労務士は必ずしも企業に所属しなければならないわけではなく、独立して業務を行うことも出来ます。ただ、実際に独立するためには相当な実力と実績が必要となります。それゆえにまずは企業に所属して業務をこなしながら自らの実力も高めていく方が多いです。目立つタイプの業務ではないかもしれませんが、社会において欠かせない仕事でもあります。

社会保険労務士の就業規則代行業務とは、企業が作成すべき就業規則の作成代行や相談、労働基準監督署への届出を指します。